• ホーム
  • コーヌスクローネデンチャー

はめ込み式の入れ歯――コーヌスクローネデンチャー――

コーヌスクローネデンチャーは、はめ込み式で取り外しが可能な入れ歯です。自分の歯に金属冠を被せた土台(内冠)を作り、その土台にぴったり合う外冠に入れ歯を連結させて、内冠に外冠を被せるという二重構造になっています。最近では、インプラントの普及によりこのタイプの義歯を採用する医院様は少なくなりましたが、外科的手術を避けたいとお考えの患者様にはぜひご提案したい入れ歯です。

バネが見えず動かない「コーヌスクローネデンチャー」

バネが見えず動かない「コーヌスクローネデンチャー」

内冠と外冠を固定しないため取り外しが可能ですが、食事のときなどに簡単に外れることはありません。ちょうど、茶筒のふたが摩擦の力により簡単には外れないようになっている原理と同様です。

また、通常の部分入れ歯は入れ歯を固定するための金具(バネ)を使用しているため笑ったときに見えたり、食事のときに動いたりしますが、コーヌスクローネデンチャーは見た目もよく、安定感があり違和感も少ないのが特徴です。さらに、残った歯の寿命を縮めることがなく、土台となっている歯にトラブルが起こったときには、内冠部分のみの作り直しで対応可能です。

コーヌスクローネデンチャーのメリット

こんな入れ歯を求めている患者様におすすめです

Before

After

ハイテックのコーヌスクローネデンチャーは、リプロシステムを採用しつつ残った自分の歯への負担をできるかぎり軽くしながら、見た目のよさも実現できる入れ歯です。

快適でしっかりと咬める「リプロデンチャーシステム」とは?

各種技工物に関すること、お取り引きの流れなど、お気軽にご相談ください。