• ホーム
  • アタッチメントデンチャー
  • シリコンアタッチメント
  • ERAアタッチメント
  • オーバーデンチャーアタッチメント

気づかれない入れ歯――アタッチメントデンチャー――

アタッチメントデンチャーとは、差し込み式のアタッチメント(付属装置)で固定する部分入れ歯です。一般的な部分入れ歯は、固定金具(バネ)が目立ってしまうものですが、アタッチメントデンチャーは、アタッチメントと義歯が一体化しているため装着時に目立ちにくい構造となっています。

しっかり固定する「アタッチメントデンチャー」

しっかり固定する「アタッチメントデンチャー」

部分入れ歯の場合、咬んだときに固定のための金具が動いてしまうことがありますが、アタッチメントデンチャーはしっかりと固定できるため、見た目だけではなく装着感にもすぐれています。

アタッチメントにはどんな種類があるの?

アタッチメントには、「磁力で固定するもの」「2つのパーツをカチっと組み合わせるもの」などがあり、患者様の症状やご要望に合わせて最適なタイプをお選びいただけます。

【アタッチメント例】磁石、シリコンアタッチメント、ERAアタッチメント、ミニSGアタッチメント、インプラントオーバーデンチャーアタッチメントなど

シリコンアタッチメント

シリコンアタッチメント

密着性が高く、インプラント2本でも固定できるのが特徴です。ボールおよび根面板を特殊製法のシリコンで覆うので、咬合圧を粘膜面で支えることができ、歯根に直接咬合圧が伝わりません。歯ぐきにかかる負担も減り、痛みが生じにくくなります。ロケーターアタッチメント、ドルダーバーを使ったインプラントにも応用可能です。

3年以内にご連絡をいただければ、シリコン部の貼り替えも対応しております。

シリコンアタッチメントデンチャーの特徴

ハイテックのシリコンアタッチメントデンチャーは、高度な技術による特殊加工により、非常に維持力に優れています。

シリコンアタッチメントデンチャーが優れている理由

壊れにくい

 

シリコン維持力の実験

左の動画のように、シリコンアタッチメント1個でも約500g程度の負荷に耐えられ、維持力があり、壊れにくい構造になっています。

汚れにくい

汚れにくい

シリコンアタッチメント

ハイテックで制作するシリコン裏装義歯は高密度工法のシリコンでできており、一般的なシリコン裏装義歯よりも汚れにくいのが長所です。

また、取り外しが可能なので、お手入れしやすく、常に清潔に保つことができます。

剥がれにくい

剥がれにくい

シリコン裏装(裏面)

歯ぐきや床部分の素材に金属とシリコンを組み合わせることで、剥がれにくく、しっかりとレジンと固定・装着できます。

また、アンダーカット(義歯の支台となる歯茎のくぼみ)を利用することによって義歯の維持安定が良くなり、口蓋部分をなくすこともできます。

ERAアタッチメント

ERAアタッチメント

バネのある入れ歯だと奥歯の6、7番が欠損することが多いという理由で、バネの無いノンクラスプが流行っていますが、ノンクラスプよりもしっかりとした入れ歯を求めるお客様にERAアタッチメントをおすすめさせていただいています。

詳しくはこちら

インプラントオーバーデンチャーアタッチメント

インプラントオーバーデンチャーアタッチメント

動きやすい義歯を固定させるためのインプラントを埋め込み、それを固定源として入れ歯を取り付ける方法です。埋め込まれたインプラントが入れ歯を支えるので、動くこともなく、しっかりと噛めます。

アタッチメントデンチャーのメリット

こんな入れ歯を求めている患者様におすすめです

ハイテックのアタッチメントデンチャーは、見た目にも自然で目立たず、しっかりと固定されるため快適な装着感・使用感を実感いただけます。また、リプロシステムを採用しているため、違和感もほとんどありません。

快適でしっかりと咬める「リプロデンチャーシステム」とは?

各種技工物に関すること、お取り引きの流れなど、お気軽にご相談ください。